注文住宅では複数の会社の話を聞くことは必須!?

注文住宅を建てる際には、1社ではなく2社以上の会社にマイホーム建設の話を持っていくのが重要です。 とは言え、マイホームを建設を依頼しようとしている建設会社が非常に良心的なことがわかっていればいいのです。 複数の会社に話を持っていく必要はないでしょう。 しかしながら、マイホームを建設を依頼しようとしている建設会社が「はじめまして」という状態の場合は、さらにもう1社試しにでも話を持っていってみるのがいいでしょう。 なぜなら、建設会社の見極めを行うことができるからです。 複数の会社にマイホーム建設の話を持っていくことで、対応の善し悪しも見ることができるでしょう。 これが1社のみでの依頼の場合は、その1社の対応があまり良くないものであっても、「建設会社はコレが普通なんだ」などと思ってしまう人もいますからね。 そしてまた、「お金」に関しても同様です。 1社だけにマイホーム建設の話を持っていけば、あちら側の言ったままの値段でマイホームを建てることになるかも知れません。 ですから、注文住宅でマイホームを建てる際は見積もり合わせをしないまでも、いくつかの会社の話を聞いてみるのが重要なのです。