建設前の建売住宅を購入するメリット

建築される前の建売住宅を購入するメリットとして挙げられるのが、 建設中の家の状況をチェックできることです。 これは施工業者と売主の都合を優先して家づくりをさせないために非常に重要な点です。 建設工事を監視している目がないと分かれば、 売主や施工業者は建物の検査を自己都合で簡易な形で実施しようとする傾向があります。 そのため、買主は時間の許す限り建築中の現場に足を運んで、工事の様子を確認することが大切です。 また、ただ見ているだけではなく、基礎、構造、断熱、防水等の各工事のチェックポイントを まとめたシートなどを準備しておき、目的を持って確認しようとする姿勢を持つことが大切です。 もし自分だけでのチェックに不安があるのなら、建築士などの第三者による住宅検査を 依頼してみるのも良いかもしれません。 ただし、見学をする時は、難しい表情で少しのミスも見逃さないという雰囲気でするよりも、 施工業者の心情も考慮してチェックしつつも励ましたり、いたわりの声をかけたりして 応援する雰囲気で行うことも忘れないようにしましょう。 PR|工務店向け集客ノウハウ|家計見直しクラブ|女性向けエステ.com|生命保険の口コミ.COM|マッサージのリアル口コミ.com|お家の見直ししま専科|ショッピングカート|英語上達の秘訣|心の童話|生命保険の選び方|オーディオ|貯蓄|初値予想|童話|